ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

ネット上の握手、フォローを上手く使えば、ファンを増やせますよね〜(^o^)

第20回 平成29年(2017年)1月9日(月)【成人の日(祝日)】

 元首相の田中角栄は、若き日の小沢一郎が政治家になりたいと訪ねてきた時「戸別訪問3万軒、辻説法5万回、2万人と握手してから来い」と言ったそうです。

 

 田中政治の象徴である、徹底したドブ板選挙には賛否両論ありますが、有権者も人間ですから、目を見て握手されたら、やっぱり情が移って、「この人に入れよう」ということになるんだと思います。

 

 私は、新潟から大学入学のために上京して、ずっと東京の八王子市に住んでいました。

 

 私が八王子にいた時に、市議選に元ミス日本の方が立候補したんです。

 

 人気テレビ番組の「電波少年」などでも取り上げられるなどして、かなりメディアにも露出していましたが、天邪鬼の私は「なんか、チャラチャラして嫌だ」と思い、絶対投票しない、と心に決めていました。

 

 ところがある日の朝、仕事に行くために最寄りの駅に行ったら、なんと、その方が辻立ちをされていたんです。

 

 その駅は、そんなに大きな駅でもないのに、朝早くから辻立ちされていて、すごいな〜、と思いました。それに、さすがに元ミス日本だから、ものすごく美人…(*^_^*)

 

 でも、私は無関心を装い通り過ぎようとしたら、なんと彼女の方から寄ってきて、両手で丁寧に握手してくださり、ニコッと笑顔で「いってらっしゃい」と言っていただいたんです。

 

 で、投票日、私はどうしたか…その候補者の名前を丁寧に書いて投票箱に入れました(≧∇≦)

 

 真面目に政治のことを考えている方からは「お前は、参政権というものをどう考えてるんだ!」って怒られてしまいそうですが、とくに強い政治的主張のない多くの有権者は、だいたいそんなもんだと思ってます(^_^;)

 

 話が長くなりましたが、つまり、握手というのは、人の心をつかむ、すごい威力のあるものだ、ということです。

 

 さて、ネット時代の握手といえば、何でしょうか?

 

 例えば、ツイッターなら、フォローがそれに当たると思います。

 

 私は、フォローしてくださった方は、100%フォロー返ししています。

 

 でも、当然、私がフォローしても、フォローが返されないことも多いです(1月8日現在、フォロー数が2500近くに対して、フォロワ数は970くらいです)。

 

 ただ、中には、公式アカウントからフォローされることも稀にあり、その時はちょっと嬉しいです。

 

 昨日のブログで、現在のアルバイト先の方へのプレゼントとしてコロンバンというお店でお菓子を買った、と書きました。なんで、コロンバンにしたのかというと…。

 

 なんと、旧ブログで、東京の江戸川区でコロンバンの製造で小松菜クッキーというのが発売されたという記事を書いた時、その記事のツイートに、コロンバンの公式アカウントから「いいね」を付けていただき、フォローしてくださったのです。

 

 私の旧ブログは、1日500〜1000アクセス程度のブログです。そんな弱小ブログの記事を見つけて、フォローしてくださったのがすごく嬉しく思い、今回のお菓子はコロンバンで買おうと思ったんです。

 

 以前は、いろいろな公式アカウントにコメントしていたこともあるのですが、返信を返してくれるところと、全くスルーのところがあって、当然、感情としては前者の方に親近感を感じます。

 

 著名人の個人アカウントなら、ネットストーカーとか変な人がいるのでリスクがあると思いますが、公式アカウントを運営するなら、フォローとか返信とか適切に使えば、根強いファンをつくる強力なツールになるな、と思いました。