ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

千葉市の三陽メディアフラワーガーデンに行ってきました!(庭園・植物園めぐりシリーズ #1)

第53回 平成29年(2017年)2月11日(土)【建国記念の日(祝日)】

 私は意外と(?)植物好き。でも、相当のずぼらな性格ゆえ、自分で植物を育てる、というのは絶対無理なので、ときどき庭園や植物園に行って植物を見ます。

 

 ということで、当ブログでは「庭園・植物園めぐりシリーズ」として、庭園や植物園に行ったリポートを書きたいと思っています。

 

 で、1回目は、千葉市美浜区高浜にある「三陽メディアフラワーガーデン」に行ってまいりました(^o^)

 

▼JR総武線の稲毛駅や、JR京葉線の稲毛海岸駅からバスで15分くらいの、稲毛海浜公園の中にあります。周辺は広い駐車場もあるので、車で行くも便利です。実は、私の自宅から、歩いて20分くらいのところにあるのです(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170209182011j:plain

f:id:tamuraic:20170209181951j:plain

 

 この施設は、1995年に開催された全国都市緑化ちばフェアのテーマ館を転用し、1996年に「千葉市花の美術館」として開館しました。

 

 2013年からは、千葉市に本社がある、三陽メディアという会社がネーミングライツを獲得し、「三陽メディアフラワーガーデン」という名称になりました。

 

 館内には1600種4万8000株の植物が栽培され、千葉市の緑化の普及啓蒙の拠点として、様々な活動をしている施設なのです。

 

▼現在は、開館20周年記念として、3月31日(金)まで、入館料無料(通常は大人一人300円)となっています!

f:id:tamuraic:20170209182001j:plain

 

▼入り口です。

f:id:tamuraic:20170209181940j:plain

 

▼入り口を入ると、素敵なお花のガーデンがありました(^o^)

f:id:tamuraic:20170209182300j:plain

f:id:tamuraic:20170209181930j:plain

 

▼さらに奥に進むと、熱帯・亜熱帯の植物が育つ温室があります。

f:id:tamuraic:20170209182251j:plain

 

▼温室の中に入ると、まるで熱帯の森に紛れ込んだかのような感覚になりました(^o^)

f:id:tamuraic:20170209182241j:plain

f:id:tamuraic:20170209182230j:plain

f:id:tamuraic:20170209182220j:plain

f:id:tamuraic:20170209182444j:plain

f:id:tamuraic:20170209182455j:plain

f:id:tamuraic:20170209182506j:plain

f:id:tamuraic:20170209182434j:plain

f:id:tamuraic:20170209182517j:plain

f:id:tamuraic:20170209182707j:plain

 

▼通常は赤に塗られている消火用散水栓も、緑色になっていました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170209182721j:plain

 

 こじんまりしていますが、なかなか充実の施設です。これだけの植物を管理するのは相当大変だと思いますので、職員の方には頭が下がります。

 

 先日、本屋さんで、全国植物園完全ガイド、みたいな本を見つけてパラパラと見てみたら、なんとこの施設は見事にスルー。120くらいの施設が載ってたんですが、すべてのページを見ても、全く載ってないんです(^_^;)

 

 もともと「花の美術館」という名前だから、出版社の人もスルーしたのかもしれませんが、どこをどう取っても、立派な植物園なんですがね〜。「完全ガイド」という割には…って感じでした(*^_^*)

 

 ちょっと駅から離れていることもあり、お客さんの多くは地元の人のようですが、夏になると歩いてすぐのところに海水浴場やプールも開場しますので、植物好きの人は1度訪れてみてくださいね〜(植物の写真撮影を趣味にしている方も最適です。私が行った時も、数人の方が1眼レフカメラでお花を接写されていましたよ〜)(^o^)