ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

まる2005さんの2つのお願いのために、東京の湯島天神にお参りに行ってきました(^o^)

第78回 平成29年(2017年)3月8日(水)

 私のお友達の主婦、まる2005さん。先日ご自身のブログで、1月に受けたガン検診のことを書かれていました。

plaza.rakuten.co.jp

 

 検診日に「擬陽性」と診断され、2月の結果は、悪性ではないが経過観察して、半年後に再度精密検査をする、というものだったようです。

 

 私も、いままで何度か入院した経験があるので、病気なのかどうか宙ぶらりんの状態での不安感はよくわかります。

 

 そんなまるさんを、少しでも癒せたら、と思い、東京都文京区の湯島天神(湯島天満宮)にお参りして、健康お守をいただいて参りました(^o^)

f:id:tamuraic:20170307193040j:plain

 

▼これが、健康お守です。今度お会いした時にお渡ししようと思っています。

f:id:tamuraic:20170307193021j:plain

 

 ところで、なんで湯島天神にお参りしたのかというと、まるさん家と私の間に、ちょっとしたつながりがある神社だからなのです。

 

 というのも、まるさんのお嬢さんが大学受験の時、何故か私が、お嬢さんの合格祈願をしてほしい、と頼まれたのです。

 

 はっきり言って、私は受験競争の完全な負け組なので、私がお参りに行ってもご利益あるかな〜、と思ったのですが、とりあえず、東京で合格祈願といえば湯島天神だろう、と思いお参りして絵馬も書いてきました。

 

▼その時の絵馬です。(2012年1月25日撮影)

f:id:tamuraic:20170307204334j:plain

 

 そしたら、なんとお嬢さんは、受験した大学全てに合格、という結果に。

 

 それから約3年後、お嬢さんが就職活動をするにあたり、また祈願してほしい、との依頼がきましたので、湯島天神にお参りしたところ、超難関の公務員試験をパス!

 

▼その時の絵馬です。私自身のお願い事も最後に盛り込んでしまうところが、貧乏くさいですよね〜。しかも、そのお願い事が、極めてバカっぽいのばっかり(^_^;)(2015年4月29日撮影)

f:id:tamuraic:20170307204324j:plain

 

 もちろん、全てはお嬢さんの努力の結果なのですが、そういうご縁のある神社なんです。

 

 今回はまるさんからのお願いはなかったのですが、ブログでそんなことを書かれていたので、お参りに行ったんです(ホントは、私のブログのネタ集めのためなんですけどね〜(^_^;))

 

▼湯島天神では、今日まで「第60回梅まつり」を開催中です!JR御徒町駅にポスターが貼ってありました。

f:id:tamuraic:20170307193030j:plain

 

▼前述のように、湯島天神は東京で一番有名な合格祈願の神社です。いまの時期は、合格祈願の絵馬だけでなく、合格した方たちのお礼参りの絵馬も掛かっていて、境内に何か所もある絵馬掛けには、あふれんばかりの絵馬が掛かっていました(^_^;)

f:id:tamuraic:20170307192921j:plain

f:id:tamuraic:20170307192910j:plain

f:id:tamuraic:20170307192900j:plain

 

 さて、別の日のまるさんのブログでは、こんなのもありました。

plaza.rakuten.co.jp

 

 まるさんは、古書街でおなじみの、東京の神保町に住みたいという夢があるんです。

 

 でも、神保町は山手線の内側で、超便利な場所。そこにマンションを買うのは、宝くじでも当たらない限り…という感じです。

 

 それで、なんとまるさんは、その夢を実現させるべく、宝くじを定期的に買って、高額当選を狙っていらっしゃるんです(^_^;)

 

▼そんなわけで、お守りの他に、絵馬も奉納です(^o^)

f:id:tamuraic:20170307192850j:plain

 

▼宝くじが当たるように、というお願いと、まるさんの健康に関するお願いを書きました。今回は私のお願い事は無しで、まるさん名義で書きました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170307192839j:plain

 

 でも、湯島天神は学問の神様だから、宝くじのことをお願いしても無駄ですって?

 

 いやいや、実は湯島天神の境内では、江戸時代に現在の宝くじにあたる富突の興行が行われ、庶民が熱狂したそうなんです。谷中感応寺、目黒不動とともに「江戸三富」と言われるほど有名だったそうですよ〜(*^_^*)

 

 境内の梅の写真も撮ってきましたので、明日のブログで!