ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

多摩六都科学館のプラネタリウムを見ました!《博物館・美術館めぐりシリーズ #1》

第92回 平成29年(2017年)3月22日(水)

 昨日の続きなのですが、その前に1つお知らせです。

 

 私はブログのネタを集めやすくするために、シリーズ化戦略(?)というのを推し進めているのですが、よく考えてみると、博物館や美術館もブログネタになりやすいので、突然ですが、今回は「博物館・美術館めぐりシリーズ」の1回目としたいと思います。

 

 さて、多摩六都科学館の5つの部屋を見終わった後は、「サイエンスエッグ」というプラネタリウムを見ました(^o^)

 

 ここのプラネタリウムは2012年にリニューアルされ、「最も先進的なプラネタリウム」として世界一に認定されているそうです。

 

 また、専門スタッフの方が生解説してくださるのも、特徴になっているんだそうです。

 

▼スタッフの方の事前説明時に、上映の前後は写真可で、SNSにあげてください、との説明がありました。SNSじゃないけど、ブロガーにも助かるサービスです(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170320184358j:plain

 

▼直径27.5mの大型ドームスクリーンに、微細な星の輝きがドームいっぱいに広がり、奥行き感のあるリアルな星空をお楽しみいただけます。(公式サイトより)

f:id:tamuraic:20170320184158j:plain

 

▼世界で4番目に大きくて、日本では3番目、東日本では1番目の大きさ…数的推理問題みたい(^_^;)

f:id:tamuraic:20170320184149j:plain

 

▼こちらは、最新投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」。世界初の高輝度LED光源で、1億4000万個を超える星々を投映するそうです。

f:id:tamuraic:20170320184408j:plain

 

 プラネタリウムを見た後は、ミュージアムショップにも寄りました(^o^)

f:id:tamuraic:20170320184920j:plain

 

▼私が購入したのは、「生きものクリアファイル」258円です!「生きものはみんなお互いに関係しあいながら生きています」というコビーが好きです(^o^)

f:id:tamuraic:20170320185013j:plain

 

▼裏面には、生物の名称の表示がありました。

f:id:tamuraic:20170320185001j:plain

 

▼帰りは、田無駅までバスで帰りました。科学館の前に、小さなバスロータリーがありました。

f:id:tamuraic:20170320184850j:plain

 

▼バスが来ました!

f:id:tamuraic:20170320184840j:plain

 

▼これは、西東京市との協定に基づいて運行されている「はなバス」というコミュニティーバスで、コンパクトな車体でした(^o^)

f:id:tamuraic:20170320185025j:plain

 

▼公式サイトです(^o^)

www.tamarokuto.or.jp

 

 ちなみに、当ブログとURLと比べてみました。

http://www.tamarokuto.or.jp(多摩六都科学館の公式サイト)

http://www.tamuratakuto.com(当ブログ)

 

 う〜ん、文字数は違うけど、真ん中の部分、完全なアナグラムだ(*^_^*)