ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

水天宮の子宝いぬを撫でて来ました!《撫◯◯シリーズ #3》

第110回 平成29年(2017年)4月9日(日)

 昨日のブログで書いた水天宮の境内には、「子宝いぬ」という犬の親子の銅像がありました。

 

 犬は、お産が軽く多産であることから、安産・子授けの象徴とされています。

 

 だから、戌(いぬ)の日には、水天宮にもたくさんの妊婦さんが参拝に訪れるんです。

 

▼これが「子宝いぬ」です(^o^)

f:id:tamuraic:20170408013139j:plain

 

▼親犬と子犬の組み合わせです。

f:id:tamuraic:20170408013129j:plain

 

▼犬の周りには、十二支の文字が配されていました。

f:id:tamuraic:20170408013119j:plain

 

▼とりあえず、親犬の頭をなでなで。

f:id:tamuraic:20170408013109j:plain

 

▼続いて、子犬の頭もなでなで(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170408013059j:plain

 

▼自分の干支を撫でると、安産、子授け、無事成長のご利益があるとか。今んとこ私には無縁ですが、私も少子化社会の責任の一端を担ってしまっていますので、とりあえず自分の干支、丑(うし)をなでなでして来ました(^o^)

f:id:tamuraic:20170408013228j:plain