ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

清澄庭園にはたくさんの生き物がいました(^o^)

第113回 平成29年(2017年)4月12日(水)

(昨日の続き)清澄庭園には、たくさんの生き物が住んでいました。

 

▼入り口にエサやり禁止の貼り紙がありました。昨年の11月から禁止になったようです。

f:id:tamuraic:20170411211743j:plain

 

▼ハトにエサに与えないで!!ポスターも!ただ、「エサはいりません」なんて言う殊勝なハトはたぶんいませんよね〜(^_^;)

f:id:tamuraic:20170411211733j:plain

 

▼こちらのポスターの左上には「エサは自分で探すよ」というハトも(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170411211723j:plain

 

 人間がエサをやると、不自然な異常繁殖による生態系の乱れ、人間の食べ物を与えることでカロリーオーバーや病気を引き起こすなど、想像以上に野生動物への悪影響があるんです。

 

 でも、いまだに道や公園で鳥にエサをやっている方をよく見ますよね〜。しかも、路上喫煙に比べ、取り締まりもゆるい感じで、むしろ微笑ましい光景、って感じで、世間も寛容に感じます(と、偉そうなことを書きつつ、私も見て見ぬふりなんですが(^_^;))

 

 確かに動物がエサを食べるところを見るのは面白いんですが、ペットとして育てる責任も負わず、エサやりだけ楽しむのは、ちょっとズルい感じがしますよね〜。

 

 ということで(?)、清澄庭園の生き物がちゃんと自分でエサを取ってるのか、確認してきました(*^_^*)

 

▼エサをついばむキジバトです(^o^)

f:id:tamuraic:20170411211544j:plain

 

▼こっちはカルガモかな?

f:id:tamuraic:20170411211554j:plain

 

▼ムクドリたちもがんばってついばんでました。

f:id:tamuraic:20170411211531j:plain

 

▼昨年11月までエサやりが行われていたからか、池の縁に立つと、鯉が口を開けて近づいてきました(^_^;)

f:id:tamuraic:20170411211522j:plain

 

▼亀もエサをもらえるかと、顔を出しました(^o^)

f:id:tamuraic:20170411211606j:plain

 

 清澄庭園の動物は、近づいても、スマホを向けても、シャッターを切っても、一瞥するだけで、全く動じることなく、人に慣れすぎました。

 

 やっぱり人間がイジメないと、こんなに野生動物と近しい関係になれるのかな〜、なんて思いました。

 

 明日はサギとお散歩です(^o^)