ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

春日部のイトーヨーカドーが「サトーココノカドー」に(^o^)

第116回 平成29年(2017年)4月15日(土)

 人気漫画『クレヨンしんちゃん』は、作者の臼井儀人さんが埼玉県春日部市に在住していたこともあり、春日部が舞台になっています。

 

 で、しんちゃんがお母さんのみさえさんとよくお買い物に行くのが、「サトーココノカドー」。

 

 これは、実際に春日部にある、「イトーヨーカドー春日部店」のパロディで、おなじみのイトーヨーカドーの鳩のマークと同じ配色で、コウモリのマークになってるんです(*^_^*)

 

 今年がアニメ化されて25周年ということもあり、昨年の秋から春日部市では「クレヨンしんちゃん25周年記念企画『オラのマチ・春日部にくれば~』」という企画が行われています。

 

 そして、その企画に賛同したイトーヨーカドーが、なんと、1週間限定で、春日部店を「サトーココノカドー」に変更して営業することになったのです。

 

 私はこのニュースを知って、こういうの面白いなー、こういうノリって好きだなー、と思い、実際見に行ってこよう、と思い立ちました(*^_^*)

 

▼春日部駅は、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)とアーバンパークライン(野田線)が交差する交通の要衝。実は、私は春日部に来るのは、人生初です(^o^)

f:id:tamuraic:20170414232306j:plain

 

▼駅のホームからも看板がチラッと。

f:id:tamuraic:20170414232316j:plain

 

▼駅の看板で「イトーヨーカドー」の位置を確認。大塚家具の向かいですね。そー言えば、大塚家具は春日部発祥の企業でしたよね〜(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170414232256j:plain

 

▼春日部駅西口から歩いてすぐのところにありました。

f:id:tamuraic:20170414232246j:plain

 

▼駅前の大通りから路地に入ると正面に見えました!「イトーヨーカドー」ならぬ「サトーココノカドー」(^o^)

f:id:tamuraic:20170414232234j:plain

 

▼写真撮ってるの、私だけだったら恥ずかしいなー、と思ってたんですが、次から次へとカメラで撮影する人が絶えませんでした(^o^)

f:id:tamuraic:20170414232530j:plain

 

▼こちらは「イトーヨーカドー」のマーク。ちなみに、イトーヨーカドーは、大正時代に浅草で開業した「羊華堂洋品店」がルーツ。厳密に言うと、「八日堂」ではないんですよね〜。かくいう私も「八日」かと思っていました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170414232502j:plain

 

▼「みさえ ザ・バーゲン!!」開催中です(^_^;)

f:id:tamuraic:20170414232522j:plain

 

▼ポスターも「サトーココノカドー」に!

f:id:tamuraic:20170414232512j:plain

 

▼売り場の店員さんも、地下食品売り場のレジの人も、この法被を着ていました。しかも、ネームプレートも「サトーココノカドー」に!

f:id:tamuraic:20170414232451j:plain

 

▼店内の垂れ幕や値札も「サトーココノカドー」になっていて、想像以上の徹底ぶりでした。すばらしいです!!

f:id:tamuraic:20170414233623j:plain

f:id:tamuraic:20170414233604j:plain

 

▼入口のところには、アンケートコーナーとメッセージボードがありました。「ずっとサトーココノカドーのままにしてほしい」という書き込みもありました。私もそう思ったのですが、そうなると、パロディがパロディじゃなくなる、という不思議な概念になってしまいますよね〜(*^_^*) でも、看板が1週間しか使われないのはもったいないです。

f:id:tamuraic:20170414233543j:plain

f:id:tamuraic:20170414233554j:plain

 

▼アンケート用紙も「サトーココノカドー」になってました(^o^)

f:id:tamuraic:20170414233649j:plain

 

 「サトーココノカドー」は明日16日(日)が最終日です!

f:id:tamuraic:20170414233614j:plain

(明日に続く)