ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

思わぬハプニングはありましたが、熱い風呂と電気風呂がサイコーの蒲田温泉でした(^o^)《銭湯めぐりシリーズ #4》

第127回 平成29年(2017年)4月26日(水)

 昨日のブログでは、羽田空港を見学したあと、蒲田まで歩いた、と書きました。

 

 今月の銭湯めぐりシリーズは、大田区蒲田本町にある、蒲田温泉という銭湯に行きました(^o^)

 

▼JR、京急の蒲田駅からそれぞれ歩いて10分くらいの住宅地の中にありました!

f:id:tamuraic:20170426023248j:plain

 

▼道をまたぐ、大きなゲートの看板がありました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170426023243j:plain

 

▼タイルの感じといい、「蒲田温泉」という字の看板といい、個人経営のちょっと大きめの病院、といった雰囲気の外観です。

f:id:tamuraic:20170426023231j:plain

f:id:tamuraic:20170426023226j:plain

 

▼460円で、充実のお風呂の種類です。

f:id:tamuraic:20170426023237j:plain

 

▼入り口です。

f:id:tamuraic:20170426023439j:plain

 

▼入り口を入ると、入場券の券売機がありました。

f:id:tamuraic:20170426023434j:plain

f:id:tamuraic:20170426023429j:plain

 

▼銭湯では珍しい、入場券方式です(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170426023424j:plain

 

 ここの銭湯は、「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日)という番組で、「新3大熱い銭湯」として紹介されたそうなんです。

 

 私は熱いお風呂が大好きなんです。どのくらい熱いのか、ちょっと楽しみで入りました。

 

 湯船が4つあって、そのうちの一つが、高温のお風呂でした。

 

 熱い風呂好きなので、意外とフツーに入ることができましたが、1〜2分が限界でした(*^_^*)

 

 皮膚がピリピリし、上がったあとは、指先に血液が巡っている感じがわかりました(^o^)

 

 設置されていた水温計を見たら、なんと52℃!!

 

 でも、これは病みつきになってしまいそうな感じでした(^o^)

 

 それから、私は色々なお風呂の中でも、電気風呂が一番好きなんです。

 

 電気風呂は関西ではポピュラーだそうですが、関東の銭湯では一般的ではないので、久々に入りました*\(^o^)/*

 

 電気風呂とは、浴槽の中の両側に電極板が設置されていて、体に害がない程度の電流が流れていて、体に刺激を与えるもんなんです。

 

 電極板に体を近づけると、より電流を感じることができ、私はそれも好き。熱湯風呂といい、私は結構マゾヒスティックな一面があるのかも(*^_^*)

 

 ただ、久々に電気風呂に入ったら、まさかのハプニング発生。なんと、両足のスネの部分に激痛が走ったんです。

 

 多分、電気風呂によって筋が痙攣のような状態になったのかもしれません。こむら返りはふくらはぎ側で起きますが、それがスネ側で起きた感じです。

 

 長い距離を歩いた後だからなのか、熱い風呂に入ったあとだったからなのか、いままで何度も電気風呂に入っていますが、初の現象です。

 

 あまりに痛くて、浴槽から上がって15分くらいイスに座っていましたら、筋がピクピクという感じになって、次第に痛みが引いていきました。

 

 帰る頃には痛みは全く消え、その後も痛みは全く出ていませんが、逆に、電気風呂って、やっぱり効果があるのかな、なんて思いましたね〜。

 

 何れにしても、熱い風呂と電気風呂という、私の好きな2大風呂があって、はっきり言って、蒲田に住みたいな、とすら思える、充実の銭湯でした!!