ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

日本サンガリアの「こどもののみもの」を飲みました(^o^)《フィラ〜食品シリーズ #4》

第136回 平成29年(2017年)5月5日(金)【こどもの日(祝日)/立夏/端午】

 昨日のみどりの日は、「チキンとタイカレー グリーン」の缶詰を食べたという記事を書きましたので、今日のこどもの日は日本サンガリアの「こどもののみもの」を飲んだリポートです(一昨日の憲法記念日はなんで鯖缶なんだよー、っていうツッコミは無しでお願いします(^_^;))

 

▼んっ!?ビール?いやいや、完全ノンアルコールのジュースです(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170504205110j:plain

 

▼「あわだち飲料」って、新ジャンル(*^_^*) こうなると、ノンアルコール飲料の定義って、よくわからなくなりますよね〜(^o^)

f:id:tamuraic:20170504205115j:plain

 

▼ガラナエキスが入ってますね〜。お父さんのビールと同じく、子供も元気になっちゃう、という感じでしょうかね〜(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170504205105j:plain

 

 ところで、日本サンガリア、という会社、関西ではおなじみ、東京でもCMが流れていますので、なかなかの知名度があるメーカーだと思います。

 

 公式サイトによると、本社は大阪市で、1951年に石山食品工業社として設立、1974年に日本サンガリアベバリッジカンパニーと社名変更したそうです。

 

 「日本」とついているところなんか、いかにも海外企業の日本法人、といった社名ですが、とくに外資が入っているわけでもなく、事業所も国内だけのようです。

 

 しかも、「サンガリア」の由来は、中国・唐の詩人、杜甫が詠んだ「国破れて山河在り」から取ったそうです。

 

 なんで、その詩が由来なのか、そして、なんで「さんがあり」が「サンガリア」とアナグラムになっているのか、非常に謎深き会社なんです(*^_^*)

 

 でも、こういう面白い会社は大好きですし、もっと日本にそういう会社がたくさんできるといいな〜、と思っています(^o^)

 

▼「はてしなく自然飲料を追求する」というキャッチコピーも、ちょっとユニークです。

f:id:tamuraic:20170504205100j:plain

 

▼さて、肝心の試飲です。ビールに合うっぽいグラスを用意して…

f:id:tamuraic:20170504205054j:plain

 

▼かなり、泡先行でした(^_^;)

f:id:tamuraic:20170504205226j:plain

 

▼3分の2は泡(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170504205221j:plain

 

▼でも、見た目はビールっぽい。これは、小さい子なら、テンション上がりますよね〜(^o^)

f:id:tamuraic:20170504205216j:plain

 

 奇を衒った商品かな?と思いきや、味は美味しい炭酸のリンゴジュースでした(^o^)

 

▼飲んだ後も、ずっと泡残ってました。さすが、あわだち飲料!

f:id:tamuraic:20170504205211j:plain

 

▼リサイクルに配慮して、ラベルがはがせるようになっていました。

f:id:tamuraic:20170504205206j:plain

 

▼ラベルをはがすと、小さいビール瓶、って感じでした(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170504205245j:plain

 

◆また飲みたい?アイコン◆

★★☆ あれば飲んでもいいかも。