ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

国立新美術館で6月5日まで開催中の「ミュシャ展」を見ました!

第147回 平成29年(2017年)5月16日(火)

 一昨日までのブログでは、国立新美術館で草間彌生さんの展覧会を見た、と書きました。

 

 草間さんの展覧会は1階で開催されていましたが、2階では、日本とチェコの国交回復60周年を記念して「ミュシャ展」が開かれていました。

f:id:tamuraic:20170516015919j:plain

 

 アルフォンス・ミュシャ(チェコ語の発音ではムハ)は、19世紀から20世紀に活躍した、アールヌーボーを代表するチェコの画家で、彼の描くポスターはパリやアメリカで人気を博していました。

 

 晩年には、チェコの作曲家・スメタナの組曲『わが祖国』を聴いたことをきっかけに、チェコ人やスラヴ民族としての誇りを作品にしようと、スラヴ民族の苦悩と栄光の歴史を絵画にすることを決意し、『スラヴ叙情詩』と呼ばれる20点の大作を完成させるのです。

 

 そして、今回、全20作品が、チェコ国外では初めて、東京で公開されることになったのです。

 

▼展示室の入り口前に、大きなポスターも貼ってありました!

f:id:tamuraic:20170516015930j:plain

 

▼草間彌生さんの展覧会同様、なんと、20作品のうち5作品が展示されている一画は、ありがたいことに写真撮影可でした*\(^o^)/*

f:id:tamuraic:20170516015936j:plain

 

▼まるで8Kテレビのような、大迫力の絵画でした。

f:id:tamuraic:20170516014949j:plain

 

▼写真撮影可で嬉しかったのは、作品自体を撮れるというより、展覧会を見ている人たちを撮れたことです。こういう写真は、パンフレットとかでした見たことがないので、拙いながらも自分で撮れることが嬉しかったです。

f:id:tamuraic:20170516014959j:plain

f:id:tamuraic:20170516015941j:plain

f:id:tamuraic:20170516014954j:plain

 

▼当然、写真を撮っていらっしゃる方もたくさんいました(^o^)

f:id:tamuraic:20170516014944j:plain

f:id:tamuraic:20170516014939j:plain

 

 入り口のところで音声ガイドの貸し出しもあるのですが、絶対に借りたほうがいいです。

 

 各作品にはヨーロッパの歴史を背景にした物語性があるのですが、スメタナなどの音楽をBGMに、女優の壇れいさんによるナレーションで、それぞれの絵が解説されていて、まるでテレビの美術番組を見ているような感じになりましたよー(^o^)

 

▼出口のところではミュージアムショップがありました。ブックマーク4種類を購入しました!

f:id:tamuraic:20170516015924j:plain