ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

ついに改名に向け、最終段階です(*^_^*)

第149回 平成29年5月18日(木)

 2月のブログでも書きましたけれど、私の本名は「田村拓人」と書いて「たむらたくと」と読みます。

 

 そして、この名前(とくに読み方)について、とくに成人になってからずっと違和感を持っていました。

 

 それで、いつか改名したいな〜、という思いを抱いてきました(*^_^*)

 

 ところで、今年2月17日付の読売新聞朝刊に、衝撃的な詩が掲載されているのを見つけました。

 

 それは「こどもの詩」というコーナーに載っていた、埼玉県の小学5年生の男の子の詩でした。

 

 その子のファーストネームは、漢字自体はポピュラーなものなのですが、読み方がすこし変則的なものでした。

 

 それについて、その子はなんでこの名前なんだろう、と疑問を呈しながら、自分ながらにいい名前だと感じ、間違って読まれることもあるけど、そんなことは気にせず生きる、とまとめられていました。

 

 私はこの詩を読んで、感動しました。小5にして、こんなに達観しているなんて、あまりに素晴らしすぎる!と思ったんです。

 

 一方の私はと言うと、40代も半ばにさしかかってるというのに、いまだに自分の名前に違和感がある、などと言ってるんです。ちょっと情けなくなってしまいました。

 

 だから、私もこの子に倣って、自分の名前を受け入れて生きていこうかな、と思ったんですが、やっぱり違和感は拭えないんです(^_^;)

 

 それに、気分転換というか、人生の後半をスタートするにあたり、名前のリニューアルっていうのもいいかな、と感じています。

 

 で、通称として、対外的に本名とは別の名前を名乗っていこうかな、なんて考え、ついに近日中に実行する予定でおります(*^_^*)

 

 どんな名前にしようか、いろいろと思案しました。芸能人や作家なら、凝った芸名やペンネームでもいいと思いますが、私の場合は、あまり本名と懸け離れた名前を名乗るのは「何様?」って感じがして、ちょっと恥ずかしいので、本名を基に通称を考えました。

 

 ところで、なんで私はずっと自分のファーストネームに違和感を持っていたのか?

 

 2月のブログでも書いたのですが、「拓人/たくと」というのが、「重箱読み(音読み+訓読み)」だからではないか、と思ったのです。

 

 それで、「音読み+音読み」になるように、「人」を「ト」と音読みする漢字に変更しようと思い、常用漢字で「ト」と音読みする漢字を調べたら、14字ありました。

 

★音読みで「ト」と読む常用漢字

図 斗 吐 妬 徒 途 都 渡 賭 塗 土 度 登 頭

 

 しかし、あまりピンとくるものがなかったので、音読みで「トウ」と読む常用漢字まで対象を広げて調べてみたら、なんと41字もありました!

 

音読みで「トウ」と読む常用漢字

灯 刀 冬 当 到 投 豆 東 逃 倒 凍 唐 島 討 桃 党 透 盗 悼 陶 塔 搭 棟 痘 湯 登 答 等 筒 統 稲 踏 糖 頭 謄 騰 藤 闘 道 読 納

 

 「拓+◯」の◯の字をこの中から選んで、読み方も「たくとう」にすれば、「重箱読み」の違和感を解消できる、と思ったんです。

 

 それで、この中から、「豆」という字を選んで、「田村拓豆」という名前を通称にしよう、と思ったのですが…。続きは明日のブログで!