ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

フェイスブック社に縄文時代の人の顔写真を送ってみたら…

第179回 平成29年(2017年)6月17日(土)

(昨日の続き)その後、アカウント凍結を解除するには、私の顔がはっきりわかる写真を送れだの、身分証明書の写真を送れだの、といったフェイスブック社からの表示が出るようになりました。

 

 私は少しフェイスブックを小馬鹿にしていたところがありましたので、なんでアメリカの一企業であるフェイスブック社に身分証明書を提示しなきゃなんねーんだ!とますます頭にきてしまったんです(*^_^*)

 

 フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグは、フェイスブックは世界の重要なインフラの一つ、という考え方を持っているようです。

 

 でも、もともとフェイスブックは、ザッカーバーグさんがハーバード大学の学生時代に、大学のサーバーをハッキングして、勝手に女子学生の顔写真を取得して無断でネットにアップ、美人勝ち抜き投票のようなゲームを提供したことを嚆矢としているんです。

 

 そんなふざけた発祥のサービスだということもあって、私は今まで毛嫌いしていたんです。

 

 だから、もうアカウントが廃止になってもいいや、という覚悟で、以前、新潟県の歴史博物館に行った時に撮った、縄文時代の人の骸骨から復元した顔の模型の写真をフェイスブック社に送信したんです。

 

▼それがこの写真です(*^_^*) 歯の形が独特ですが、これは叉状研歯(さじょうけんし)といって、集団の指導者がこのように歯を削っていた縄文時代の風習なんだそうです。

f:id:tamuraic:20170615081542j:plain

 

 そしたら、なぜかアカウントが復活したんです(^_^;) さすがにフェイスブック社も人力ではなく、機械で顔認証しているのかもしれませんね〜。

 

 で、一応アカウントが復活したので、とりあえずしばらく続けてみようかな、と思ったら、またまた問題が!この続きはあさってのブログで(毛嫌いという割には、フェイスブックの話題をひっぱるよね〜、というツッコミは無しでお願いします(^_^;))