ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

盆石ってご存知ですか〜?

第185回 2017年6月23日(金)20:57投稿

(昨日の続き)生涯できる和の趣味は何かな〜、と模索していたところ、だいぶ前ですが「出没!アド街ック天国」(テレビ東京)という番組で、「盆石(ぼんせき)」というのが取り上げられていたんです。

 

 それを見た瞬間、「ビビビッ」ときて、「お!これは」と思いました。

 

 で、3年前、近所にある三陽メディアフラワーミュージアムというところで、細川流盆石という団体が主催した展覧会をやっていたので、見に行ったんです。

 

 盆石とは、黒いお盆の上に、石を置いて山々を表したり、白い砂を敷いて鳥の羽根やほうきで線を作って川の流れや海の波を表現したりするという、室町時代に始まった日本の伝統的な芸術の一つなのです。

 

 見に行ってわかったのですが、盆石をやっていらっしゃる方は、女性の方が多いみたいです。展覧会の会場にも、案内をしてくださっていた方は、すべて上品なマダムの面々ばかりでした。

 

 実物の盆石は初めて見て、予想以上にステキなものでしたので是非写真に収めようと思い、案内係の方に「写真撮ってもいいですか?」とお聞きすると、快諾していただきました。

 

▼このような道具で作ります。

f:id:tamuraic:20170623091654j:plain

 

▼盆石についての解説もありました。

f:id:tamuraic:20170623091638j:plain

 

▼こんな作品です。

f:id:tamuraic:20170623091720j:plain

f:id:tamuraic:20170623091712j:plain

f:id:tamuraic:20170623091702j:plain

f:id:tamuraic:20170623091744j:plain

(写真はすべて2014年1月11日に撮影したものです)

 

 それで、以前から気になっていたのですが、砂を敷いているだけですから、風が吹いたり、お盆を動かしたりしたら、形が変わってしまいます。作品としての保存性はどうするのかな~、と思って、そのことも係りの方にお聞きすると、展覧会等で発表する作品は、砂に接着剤を混ぜ込んで定着させるので、動かないようになっている、と教えていただき、納得がいきました。

 

 これは優雅で風流な趣味になるな、とは思ったのですが、いろいろ道具も揃えないといけなし、もう少し気軽に始められるものがいいかな〜、と思ったんですが、続きは明日のブログで(*^_^*)