ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

呉竹の「水でお習字セット」で練習です(*^_^*)

第187回 2017年6月25日(日)20:57投稿

(昨日の続き)生涯続く趣味として、お習字を始めようかな、と前々から思っていますが、今まで1回も習ったことがありません。近い将来には、ちゃんとしたところで習おうとは思っていますが、とりあえず、見よう見まねでも始めてみよう、と思い立ちました。

 

 ところで、今月21日より、当ブログの更新時刻が20:57になり、それに伴い、もう一つのブログを毎朝6時の更新にすることにしました。

 

 で、そのブログで、毎日掲載するコンテンツとして、「本日の揮毫」というのを始めました。

 

 これは、毎日思いついた字を、毛筆を中心に手書きで書いて、写真に撮ってアップする、というものです。

 

 なんで、そんなことをやろうかと思いついたかというと、先月のブログで書いた、東京・上野の燕湯という銭湯に行った時、入り口のところに「立夏」と書かれた字が掲げられていたのを見たからなんです。

f:id:tamuraic:20170625094329j:plain

 

 「立夏」とは二十四節気の一つで、夏の始まりとなる日なんです。今年は5月5日が立夏でした。

 

 二十四節気とは、古代の中国で使われていた暦で、現代でも季節の区切り目として使われているものなんです。

 

 実は私の生年月日も二十四節気の一つに当たる日で、以前より二十四節気には親近感を持っていました。

 

 そして、今月の21日は、日中の長さが1年で一番長い「夏至」で、「本日の揮毫」のコンテンツもその字から始めよう、と思い立ちました。

 

 でも、見よう見まねとはいえ、やっぱり多少は練習してから書こう、と思い、書道用品メーカーでおなじみの呉竹から出ている「水でお習字セット」というのを購入しました(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170625093715j:plain

 

▼筆と特殊な加工がされた専用用紙と、プラスチック製硯とスポンジ、おけいこの本が入っていました(^o^)

f:id:tamuraic:20170625093707j:plain

 

▼プラスチック製硯に水を入れます。いつもカップラーメンを作る時に使っているやかんで、水イン画像です(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170625093659j:plain

 

▼筆に水をつけて…

f:id:tamuraic:20170625093652j:plain

 

▼書くとあら不思議!水なのに、墨で書いたような黒い字になりました。

f:id:tamuraic:20170625093644j:plain

 

▼「夏至」と書きました。

f:id:tamuraic:20170625093854j:plain

 

▼5分経った写真です。乾くとだんだん字が消えていきます。

f:id:tamuraic:20170625093843j:plain

 

▼15分経った写真です。字がうっすら残っている程度になりました。

f:id:tamuraic:20170625093835j:plain

 

▼30分経った写真です。字はほとんど消えました。乾いたら、また字を書くことができます。1枚で1000回以上繰り返して書けるそうです。

f:id:tamuraic:20170625093827j:plain

 

▼赤色の紙に書くと、赤色の字になりました。

f:id:tamuraic:20170625093902j:plain

 

(明後日に続く)