ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

東京都内に10店舗ある「越後そば」に行きました!大衆チェーン店とは思えないハイクオリティさでした(^o^)《お蕎麦を食べるシリーズ #7》

第223回 平成29年(2017年)7月31日(月)

 1月のブログで、渋谷のBASEというバーで、私の知り合いの岡見さんが脚本を書いたお芝居を観に行ったことを書きました。

 

 その岡見さんに「越後そば」というお店が美味しい、とオススメしていただきましたので、行ってまいりました(^o^)

 

 「越後そば」は、八王子市に本社がある、クレアという会社が運営していて、都内に10店舗あるようです。

 

 とくに越後(今の新潟県)とは直接の関係はないようですが、新潟県の魚沼地方が発祥の「へぎそば」を再現した自社製の麺を使っているようなんです。

 

 このへぎそばというのは、つなぎに布海苔(ふのり)を使うのが特徴で、このお店でも、布海苔を練り込んだオリジナル麺を使っているようです。

 

▼東京メトロ・東西線の東陽町駅からすぐのところにある、東陽町店に行きました!

f:id:tamuraic:20170731030724j:plain

 

▼店内にある券売機で食券を買う方式なのですが、なんと、お店の前に、券売機と同じレイアウトのメニューが置いてありました!!

f:id:tamuraic:20170731030809j:plain

 

 食券券売機のあるファーストフード店はたくさんありますが、座ってからゆっくりメニューを決められる店と違って、食券を買うときにその場でメニューを見て決めなければならないので、迷ったり、ボタンがどこにあるのか探したりして、もたついてしまうことよくありませんか〜?

 

 しかも、後ろで待ってる人がいたりすると、焦ってしまって、券を買った後、自分の意としていたやつと違うのを買っちゃった、なんて気づくことがよくあるんです。

 

 だから、私は前々から、お店の前にメニューを掲げてあれば、入店前にメニューを決められていいのになあ、と思ってたんです。

 

 でも、少なくとも私が知っている限り、そういうチェーン店はホントないんですよね〜。

 

 だから、券売機と同じレイアウトのメニューを店前に出していた越後そばは、ナイスアイデアだな、と思ったんです(*^_^*)

 

▼色々なメニューの中から、「越後セット 600円」をチョイスです。

f:id:tamuraic:20170731030717j:plain

 

▼食券を渡すとき、そばかうどんか、暖かいのか冷たいのか選べました。で、私は、冷たいおそばを選びました(^o^)

f:id:tamuraic:20170731030708j:plain

 

▼かき揚げつきのお蕎麦に、おにぎりといなり寿司とたくあんがついたボリューミーなセットです。

f:id:tamuraic:20170731030658j:plain

f:id:tamuraic:20170731030650j:plain

 

▼私は、おそばに直接わさびをつけて食べるのが好きです(*^_^*) いわゆる大衆チェーン店のお蕎麦やさんですが、かなりのハイクオリティでした。雑味のない麺で、いいのど越しでしたよ(^o^)

f:id:tamuraic:20170731030833j:plain

 

▼かき揚げも、野菜たっぷりでカラッと揚がっていて、美味しかったです!

f:id:tamuraic:20170731030825j:plain

 

 また、この東陽町店は、お店の方がとても丁寧で、それもハイクオリティでした。いいお店を見つけられて、岡見さんには感謝です(*^_^*)