ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

一正蒲鉾の「うな次郎」を食べました!《「う」のつく食べ物シリーズ #2》

第229回 平成29年(2017年)8月6日(日)【土用の丑の日(二の丑)】

 今日は2回目の夏の土用の丑の日です。

 

 土用の丑の日には「う」のつく食べ物シリーズを書いていこうと思っていますが、今回は一正蒲鉾から発売されている「うな次郎」です(^o^)

 

 前回の一の丑の日のブログでも書いたように、うなぎの資源が枯渇し、将来的には絶滅するかもしれない危機的状況になっているようです。

 

 だから、私は、安いうなぎを食べるのをやめよう、と決意したんです。

 

 で、「う」のつく食べ物は何かないかな〜、と思ってスーパーで買い物していて見つけたのが、「うな次郎」だったのです。

 

▼見た目は、うなぎの蒲焼そのもの。

f:id:tamuraic:20170805221413j:plain

 

▼「うなる美味しさ!うな次郎」のシールが貼ってあります。でも、「本品はうなぎではありません」の表示も!でも、うなぎ…に似た、細長い生き物の絵は描かれてますね(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170805221405j:plain

 

 この商品は、うなぎの肉は使われておらず、魚のすり身をうなぎの蒲焼に似せたものなんです。

 

 一正蒲鉾といえば、カニ風味かまぼこの「オホーツク」でもおなじみです。考えてみれば、カニ風味かまぼこもカニ肉ではなく鱈などのすり身だから、それと同じ発想ですね(^o^)

 

▼お皿に移して、ラップをかけずに電子レンジで温めます。

f:id:tamuraic:20170805221355j:plain

 

▼2枚で500ワット1分のレンジアップです。ちょっと照り感が出ました。

f:id:tamuraic:20170805221348j:plain

 

▼丼に持った温かいご飯の上に乗っけました!

f:id:tamuraic:20170805221338j:plain

 

▼添付のタレをたっぷりかけました!

f:id:tamuraic:20170805221522j:plain

 

▼さらに、私の大好物、山椒もかけました。

f:id:tamuraic:20170805221514j:plain

 

▼裏面の色味もうなぎの蒲焼そのもの!

f:id:tamuraic:20170805221507j:plain

 

▼匂いはうなぎというよりは、かまぼこそのものでした。後味はかまぼこ風味が少ししましたが、うなぎの蒲焼に近い味、食感が再現されていて、けっこう美味しかったです(^o^)

f:id:tamuraic:20170805221458j:plain