ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

東京・池袋の壬生は、ラー油入りつゆで食べるお蕎麦やさんでした!《お蕎麦を食べるシリーズ #9》

第284回 平成29年(2017年)9月30日(土)

 毎月末日は、お蕎麦を食べるシリーズです。

 

 先日のブログでは、東京・池袋のパルコミュージアムで「奥田民生になりたい展」を見たあと、平和湯という銭湯に行った、というブログを書きました。

 

 銭湯に行く前に、お蕎麦でも食べようと、近くにある「壬生」というお蕎麦やさんに行ってみました。

 

▼一瞬、「ラーメン屋?」と思うような外観のお店です。池袋駅から歩いて15分くらいのところにありました。

f:id:tamuraic:20170930025956j:plain

 

▼「なぜ 蕎麦にラー油を入れるのか」…なぜだろう???っていうか、お蕎麦をラー油で食べるの〜?なんか、ちょっと不安…(^_^;)

f:id:tamuraic:20170930025948j:plain

 

▼お店の前に、メニューが貼ってありました。

f:id:tamuraic:20170930025932j:plain

 

▼「ブレイク中」って書いてありました。そんなにブレイクしてるお店なのかな?と思ったら、ちょうど行った16時から17時半まで休憩時間だったんです。「休み」という意味の「ブレイク」だったんですね〜(*^_^*)

f:id:tamuraic:20170930025941j:plain

 

 ということで、まず銭湯に先に行ってから、再度来ようかな〜、と思いました。

 

▼銭湯に行ってからまたお店に戻って来ると、看板が「営業中」になってました(^o^)

f:id:tamuraic:20170930030043j:plain

 

▼雰囲気的には、食券システムのお店かな、と思ったんですが、お店の方が注文を取る方式でした。メニューに「名物!」と書いてあったつけそばの中から、「肉そば」をチョイス。お蕎麦の量は大中小から選べて、値段は一緒なので、ちょっと貧乏くさいとは思いつつ、大をチョイスしました。

f:id:tamuraic:20170930030110j:plain

 

▼海苔とゴマがたっぶりで、豚肉もたっぷりでした。極太の、もちもちしたお蕎麦でした。

f:id:tamuraic:20170930030100j:plain

 

▼天かすと卵は自由に入れることができました。天かすがきめ細かくて、入れると美味しかったです。

f:id:tamuraic:20170930025924j:plain

 

▼ラー油が効いたラーメンのつけ麺風つゆに、極太のお蕎麦…これが食べてビックリ!めちゃくちゃ美味い〜(^o^)

f:id:tamuraic:20170930030051j:plain

 

 最初は、大盛りはちょっと多いかな?と思いましたが、どんどんどんどん箸が進んで、あっという間に食べ終わりました。

 

 外の看板に書いてあった「なぜ 蕎麦にラー油を入れるのか」の私なりの答えは、「美味しいから」です(*^_^*)