ザ☆2057年への道

田村の今がわかるスタイリッシュ&エネルギッシュBLOG

〜当ブログは、広告・アフィリエイトの類を一切排除し、完全無収益で運営しています〜

大阪の通天閣のたもとにある銭湯「ラジウム温泉」に行きました!《銭湯をめぐるシリーズ #10》

第310回 平成29年(2017年)10月26日(木)

 ここ2週間くらい、大阪と奈良に行った記事を書いて参りました。

 

 実は、大阪には、夜行バスで行ったんです。東京の池袋を23時すぎに出て、大阪のなんばに着いたのが翌朝の7時でした。

 

 仕事が終わって池袋に行って、そのままバスに乗りました。

 

 大阪に着いて、そのまま観光しても良かったのですが、やはり私も40を超え、加齢臭が気になるお年頃(*^_^*)

 

 で、やっぱり大阪でも東京と同様、銭湯にでも行こうかな〜、と思いました。

 

 ネットで調べましたら、いくつか早朝からやっている銭湯がありました。

 

▼その中で、通天閣のほぼ真下にある「ラジウム温泉」というところに行きました(^o^)

f:id:tamuraic:20171026153017j:plain

 

▼なんと、朝6時からやっていました。入浴料とタオルがセットになった、お得なワンコインセットもありました。57年前からやっている銭湯です。

f:id:tamuraic:20171026153009j:plain

 

▼入ると、下駄箱のあるロビーに何故か大きなキリンの像!なんか、独特(*^_^*)

f:id:tamuraic:20171026153000j:plain

 

 中も、東京の銭湯では絶対貼られていないような独特なポスターや注意書きがあり、面白いな〜、と思いました。

 

 高濃度炭酸泉やサウナ、通天閣が見える露天風呂など、様々なお風呂がありましたが、私が一番好きだったのは、電気風呂です。

 

 以前も書きましたが、私は変わり風呂の中で、電気風呂が大好き。

 

 電気風呂は、湯船の中で微電流が流れて、身体を刺激して、肩こり等を解消する、という装置です。

 

 もともとドイツで開発されたもののようですが、日本では京都の銭湯が最初に導入したようで、関西地方の銭湯ではマストなお風呂のようなんです。

 

 東京の銭湯では、あまり見かけないのですが、もちろん、ここの銭湯にもありました。

 

 そしたら、タイルのところにマジックの手書きで、たしか「電気強力改良」みたいなことを書いてありました。

 

 そんなことで、おそるおそる湯船に入ると、腰のあたりに激痛!!

 

 いくらなんでも、電気強すぎ!でも、我慢して肩まで浸かると、全身に電気の刺激があり、不思議と病みつきになっちゃいました(*^_^*)

 

 注意書きには、1回3分まで、1日3回まで、と書いてありましたが、3回入っちゃいました(^o^)

 

 でも、さすが、大阪のおじいさん、何人もその強い電気風呂に平気で使ってましたね〜(^_^;)

 

▼さっぱりして、サイコーの銭湯でした!銭湯を出て見上げると、通天閣が聳えてました(^o^)

f:id:tamuraic:20171026152952j:plain